【生徒さま作品】インストラクター課題★足つき蓋物

インストラクター課題 足つき蓋物

こんばんは。
“ ポーセラーツ・ポーセリンアート mon amie ~モナミ~ ”です。

 

今日は朝からトラブルに見舞われ!
というか・・・、私が勝手に引き起こしてしまったのですが(^_^;)
完全にプライベートな話題ですので、アメブロに書いております。
なに?なに?・・・と思った方は、読んでみて下さい(^^)

 

そんなことで、今日のレッスンが午後からで良かった♡

今日は、インストラクターコース、旧カリキュラムを受講中のYさまのレッスン。
今、金彩の課題の真っ最中ですが、
足つき蓋物がようやく完成しました。

インストラクター課題 足つき蓋物

この課題は、
転写紙・上絵の具・金彩と3種類の技法でお作り頂く課題です。
焼成回数も3回となります。

金彩は、ペンタイプになっているものではなく、
小瓶に入っているハーフマット金というものを筆で施して頂きます。

金液の筆塗りは初めてのYさまですが、ストロークがとてもお上手!

もちろん、練習して頂いていますが、練習してすぐに上手になるものはありませんので。
こんなにお上手に描いて頂けると嬉しくなります~♪

 

本体や蓋の縁の部分は、指塗りという手法で金彩を施します。

インストラクター課題 足つき蓋物

セラミックマーカーでお皿やカップの縁に金彩をしようと思うと
手元がくるって描き損じてしまうことが良くありますよね。

金液の指塗りの方が、そういった失敗は少ないです!

ただ、ハーフマット金とセラミックマーカーの金は、
種類が違うため、色や光具合が違いますので、お気を付けくださいね。

 

年末年始のお休みからご家庭の事情でレッスンに来られる状況ではなくなってしまい。
その後、緊急事態宣言でサロンの休講もあったので、半年以上かかってやっと完成した作品。

全国でたくさんのインストラクターコースを受講されていらっしゃいますが、
縦向きにデザインされている作品は数少ないのではないでしょうか!?

限定転写紙をご使用になり、個性的で素敵な作品になりましたね♡
お気に入りのアクセサリーなどを入れて、ぜひ目に付くところに置いて下さいね。

 

作品の制作手順の振り返りや
金彩の知識についてのご説明、何種類かの塗り方について、
本日、再度ご説明させて頂きました。

3回の焼成で完成する、この足つき蓋物は、
卒業制作にもつながる作品ですので、
ご自宅で、もう一度しっかり復習しておいてくださいね。

 

インストラクター課題 足つき蓋物

 

 

ポーセラーツ・彩色チャイナペインティングレッスン
ご予約受付中です♡

レッスン時間は、
10時~、14時~(13時~可能)となっております。

レッスンスケジュールはこちらからご確認下さい ⇒ スケジュール

現在、新型コロナウィルス感染対策として、
毎レッスンのご予約を先着1組様のみとさせて頂いています。

レッスンのご予約は、
お問い合わせページ下記のLINEより♡
お待ちしています。

 

mon amie ~モナミ~は、ポセナビ登録サロンです。
『いいね』や『口コミ』などして頂けると励みになります。
よろしかったら、ぜひお願いします♡
ポーセラーツの情報サイト|ポセナビ

 

 

LINE@からもレッスンのお申込みを承っています。

LINE@
友だち追加数
ID:@zjn2538y

 

LINEアプリをお使いの方でしたら、こちらからメッセージを送って頂く事も出来ます。
ご質問・ご相談なども、どうぞお気軽に~♪
お友達登録もして頂けると嬉しいです♡
でも、お友達登録をしなくてもメッセージは送れますよ(^_-)-☆

 

 

 

KilnArt キルンアート - キルン(窯)でつながるハンドクラフトの総合サイト

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


Instagram

mon amie’s Shop

ページ上部へ戻る